のどにつるりん、と

b0058936_20205794.jpg
今回 喉を傷めてから
好んで食べるようになったもの

果物のゼリー
桃の缶詰

ゼリー系は毎日ひとつは食べてます。
普段はあまり好きじゃないのになぁ~。
桃は生の物や缶詰、ゼリーなどで常備状態でござる。

それにしても・・パンは 咳き込みます。
口の中の水分を持っていくよねぇ。

お盆明けには声出るぞー!(目標)



[PR]
Commented by さば at 2017-08-10 10:21 x
体が弱っているときは果物に助けられます。
お腹にくる風邪のときは、リンゴのすりおろし。
喉が腫れる風邪のときは、冷たい桃缶。

大島弓子さんのマンガに、熱のあるとき口にする桃缶を、ひんやり甘くて少し苦い…と描写した一コマがあって、そうそう!ちょっとだけ苦味があるのよね、と激しく共感したことを思い出しました。
Commented by shi.mura at 2017-08-10 15:49
◇さばさん
 普段丈夫で体調不良は別の世界だと思ってた自分です。
体調によって好みが出てくるのが
不思議です。

リンゴのすりおろし。自分でしようとするとちょっと今は
腰がひけますけど、あれば嬉しいですねぇ。

それに 喉関係の不調に ひんやりとした桃の食感や味が嬉しいということにしみじみ気が付いた次第です。

大島弓子さんのマンガにそんな件が。
熱があるときは苦味に敏感になる気がします。
そう、桃の缶詰、ちょっとしたえぐみみたいな
苦味、確かに感じます!
by shi.mura | 2017-08-09 20:25 | Comments(2)